白波立つ青海川を通過する、485系T18編成「北越」を撮る!

今日もこの週末の続きを。
雪53レの後は海線へ移動し国鉄色の485系を狙います。
諸般の事情によりK1編成の3371Mは間に合いませんでしたが、
T18編成の1051Mは白波立つ海に面して建っている
青海川駅を望む俯瞰で撮影することが出来ました。
今回は積雪が全く無くただの冬枯れの景色となってしまいましたし、
通常ならば対向の115系が写り込んでしまったことを
悔やむところかも知れませんが、
その列車の屋根が雪で真っ白になっていたところに
少しですが冬の雰囲気を感じられたことに満足しています。
画像

115系が湘南色だったら良かったと思うのは贅沢?
信越本線(青海川)
2015/2/1/8:55撮影
EOS-1DX EF24-70 F2.8L Ⅱ
焦点距離 50mm(35mm換算)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

風旅記
2018年12月22日 03:33
こんばんは。
「日本海縦貫線」には国鉄時代の車両が似合います。素晴らしい情景ですね。
海際の駅の中でも、この土地の風情もあって青海川駅の雰囲気は鉄道を一層魅力的に見せてくれます。
北陸新幹線が開業し、以前のような特急列車の勇姿がなかなか見られなくなってしまったのは残念ですが、また訪ねたいと思わせてくれる素敵な駅です。
今は真新しい電車が走っていることと思いますが、地元の足として愛される鉄道であって欲しいと願っています。
素晴らしいお写真を拝見させて頂きありがとうございます。
風旅記: https://kazetabiki.blog.fc2.com
2019年01月18日 19:30
風旅記さん、コメントありがとうございます。
撮った頃は国鉄型が走っていることが当たり前でしたが、
もうここには古い特急型車両はやって来ないのが残念でなりません。
それでもこの路線は季節を問わず素晴らしい情景を見せてくれるので
改めて行ってみてまた違った一枚を切り取れればと思っています。

この記事へのトラックバック

QRコード