テーマ:羽越本線

EF65PFの出場配給を撮る!

5月26日は青森工臨を大鰐温泉まで追いかけて 〆となりました。 二ツ井界隈までは晴れてくれましたが、 その後の二発は曇りカットに。 新たな撮影地を見つけるという成果はありましたが、 晴れなければテンションも下がるもので 重い足取りで帰路につくと、 土崎からPFの出場配給があるという情報が入りました。 多少寄り道することに…

続きを読むread more

山霧漂う羽越本線を往く、EF81-141牽引のロングレール輸送

5月21日から22日にかけて羽越本線で運転された ロンチキは大好きな撮影地である、 矢引俯瞰で〆となりました。 天気は相変わらずでしたが、 新緑の山林には朝霧が漂い、 そして左にチラッと見える田んぼは 水が張られたばかりと、 素晴らしいロケーションでの撮影に。 ダイヤ通りにやってきた列車を 広めの構図で切り取ると、 …

続きを読むread more

EF81-141を撮る!(ロングレール輸送撮影編)

本日も羽越本線のロンチキをご覧頂きます。 勝木駅に停車した列車は 続いてあつみ温泉でもしばらく停まり 第二現場へ。 こちらもトンネル内での作業であったため 五十川駅で待ちました。 取卸しが進み機関車が 坑口から顔を出したところで一枚。 良い記録になりました。 辺りはすでに明るくなっていました。 羽越本線(あつ…

続きを読むread more

深夜の勝木駅に停車する、EF81‐141牽引のロングレール輸送

今回も5月21日の深夜に運転されたロンチキを ご覧頂きます。 相変わらずの根暗写真のアップとなりますので ササっと進めます。 一つ目の現場を終えた列車は勝木駅で 時間調整のための大休止となりました。 ホームの照明の位置が悪く、 機関車のお顔が黒くなってしまいましたが、 こちらでも一枚。 この駅への到着は日付が変…

続きを読むread more

ロンチキA編成の取卸し作業

今回も5月21日深夜に行われた、 羽越本線のロングレール輸送です。 この夜の作業は2か所で行われ、 最初の現場は越後寒川駅北側の トンネル内でした。 南側の坑口から覗いてみると ちょうど編成最後部のエプロン車から レールが取卸されるところ。 それを超望遠レンズを使用して 切り取ってみました。 関東のロンチキの…

続きを読むread more

越後寒川駅に停車する、EF81-141牽引のロングレール輸送を撮る!

5月21日は朝まで秋田エリアのホキ工臨と ロンチキを撮っていたのに、 昼間に一旦仕事をしに仙台へ帰り、 その晩は羽越本線でもロンチキが 走るというのでそちらにも出掛けておりました。 動画の撮影を平木田駅からスタートして、 スチルは準備駅となる越後寒川から。 ローズピンクを纏う97号機の登板に期待したものの 今回は141号…

続きを読むread more

雨降りのバラスト散布作業

本日も5月21日のバラスト散布をアップしてみます。 西目を発車した列車はいよいよ作業区間へ。 ところが現場は風雨が激しいうえに 光源が乏しく厳しい条件での撮影となりました。 残念なカットばかりですがご覧頂ければ幸いです。 静止画がイマイチだったので動画をお楽しみ下さい。 …

続きを読むread more

雨降りの西目駅にて

ホキ工臨の折り返しは西目駅でした。 入換作業が終わり発車まであと数分。 降り始めた雨はいよいよ強くなり、 機関車のフロントガラスにも水滴が。 それを乗務員さんと共に切り取ってみました。 羽越本線(西目) 2020/5/21/1:56撮影 EOS-1DXMarkⅢ EF70-200 F2.8L IS Ⅲ 焦点距離 20…

続きを読むread more

羽越本線のバラスト散布列車

5月20日は未明に仙山線でチキ工臨を 撮影していたのに、 夜には羽越本線でホキ工臨があるというので そちらにも出掛けておりました。 ヘロヘロになりながらも秋田に辿り着き、 まずは定番である編成のバルブで記録です。 今回の牽引はED75-777。 最近、このカマとの遭遇率が高いような気がします。 ここから長い夜が始まっ…

続きを読むread more

ED75の乗務員交換(象潟工臨編)

今夜も(厳密には4/14ですが)4月13日の続きを。 調子に乗って今回もあまり得意科目ではない 駅でのスナップをご覧頂きます。 ナナゴのエンド交換が終われば乗務員の交代です。 単回の運転をする運転士さんが乗り込んだので ここまで乗務してきた運転士さんが降りてくるのを カメラを構えて待ちました。 ところがなかなかそのシー…

続きを読むread more

ED75のエンド交換(象潟工臨編)

本日も(厳密には4/14ですが)4月13日の続きを。 今回はあまり得意科目ではない 駅でのスナップをご披露したいと思います。 工臨を牽いてきたED75-767は象潟駅で チキと切り離したら入換を行い、 機関車は一番線に据え付けられたら 早速エンド交換です。 まず、秋田方のパンタグラフを下げて、 今度は新潟方のそれを上…

続きを読むread more

ED75-767の入換 (象潟工臨編)

4月13日の続きを。 秋田駅でDE10重連の追分工臨の発車を撮ると、 先に出発していた羽越本線を南下する 工事列車を追いました。 「象潟までに一発でも撮れたら良いな」と 考えてましたが、 先行するどころか最後まで追いつくことはなく、 しかも終着駅での機関車とチキ6000の 切り離し作業すらも間に合わないという結果でし…

続きを読むread more

チキ工臨の連結作業

3月23日の象潟工臨はED75とチキ6000の 連結作業からのスタートでした。 手旗で合図しながらの作業って なんだか良いものですね。 羽越本線(象潟) 2020/3/24/9:17撮影 EOS-1DXMarkⅢ EF70-200 F2.8L IS Ⅲ 焦点距離 70mm(35mm換算) …

続きを読むread more

ED75-777牽引の象潟工臨返空を撮る!(羽後亀田のオーバークロス編)

引き続き3月24日の象潟工臨の返空を アップしてみます。 折渡と羽後亀田の間のストレートで 奇跡の晴れカットをゲットした後も 現地周辺は青空が広がり続け、 今回ご覧頂く工事列車を後追いで撮った 羽後亀田の国道7号も晴れてくれたのでした。 どうせ順光で撮れるポイントが無いのならと 行ってみたポイントですが、 欲しかっ…

続きを読むread more

ED75-777牽引の象潟工臨返空を撮る!(羽後亀田のストレート編)

今回も3月24日の象潟工臨の返空をご覧頂きます。 金浦での一発目はただの曇りカットとなり、 この日の本命と考えていた西目俯瞰も 晴れそうもなかったのでパスとなりました。 そうなるとどこで撮ってよいのか分からなくなり、 苦し紛れにトンネルと絡めてみようと折渡周辺へ。 ところがロケハンをしていると大きな青空ポケットが 海の…

続きを読むread more

ED75-777牽引の象潟工臨返空を撮る!(金浦の陸橋編)

3月23日の深夜に運転された岩切ロンチキは 取卸し現場まで撮って転戦となりました。 向かった先は返却の定尺チキが発車する象潟。 ところが途中の47号は数時間前の新庄工臨の撮影で 通った際には雪なんてまったく降っていなかったですし、 積もってもいなかったのに、 鳴子温泉の手前あたりから周囲が白くなり始め、 境田の辺りはすでに…

続きを読むread more

ED75-777牽引の象潟工臨を撮る!

今回も3月18日深夜の象潟工臨を。 駅構内に留置されていたチキ6000と ED75が連結して組成完了です。 あとは発車時刻を待つばかり。 自身今シーズン初となる秋田エリアの 工臨撮影となりました。 平日夜の運転ということで 厳しいスケジュールでの遠征となりましたが、 嬉しい一枚となりました。 動画の方はイマイチ…

続きを読むread more

秋田駅に進入するED75(象潟工臨撮影編)

本日は暗い写真ばかりが続いて 申し訳ありませんが、 3月18日撮影の象潟工臨をご覧頂きます。 まずはED75のチキ6000との連結前のシーンを。 操車係が見守る中、 紅い機関車がホームに進入します。 羽越本線(秋田) 2020/3/18/23:26撮影 EOS-1DXMarkⅢ EF70-200 F2.8L IS…

続きを読むread more

鶴岡駅に停車する、羽越本線のキハ40営業最終列車

引き続き新津運輸区所属のキハ40 営業運転最終日となる 3月13日のダイヤ改正前日の様子を ご覧頂きます。 228Dを撮影してすぐに向かったのは 鶴岡駅でした。 この駅から折り返して発車する231Dが 羽越本線での(キハ40での)最後の 営業列車となります。 同業者こそ何人かいましたが人もまばらな 静かなホームで…

続きを読むread more

夜の踏切を通過するキハ48(羽越本線キハ40営業運転最終日編)

今夜も引き続き新津運輸区所属の キハ40営業運転最終日となる 3月13日のダイヤ改正前日の様子を ご覧頂きます。 磐越西線で235Dと236Dの交換を撮影し、 その後は最後の目的地となる羽越本線へ 転戦しました。 こちらの路線もキハ40系統での運転は この日が最後。 まずは青+青の編成だった228Dを 藤島駅南側…

続きを読むread more

今川駅を発車した急行色のキハ40

先日ご覧頂いた今川の俯瞰ですが、 過去に撮影した際に集落の中に建つ エメラルドグリーンの大きな建物が 周囲の風景に溶け込まず、 目障りな存在と感じていました。 次に登る時は定番の他に今回ご覧頂く構図でも 撮ってみようと思っていたのでした。 ちょっと列車が目立たなくなってしまいますが、 こちらは定番に比べて海沿いの集落の雰…

続きを読むread more

真っ白な月山と急行色のキハ40

本日も3月8日の羽越本線を。 この日の急行色は酒田と鼠ヶ関やあつみ温泉を 行ったり来たりする運用でしたが、 本命は午後に南下する224Dでした。 天気予報は午後から快晴、 PM2.5の影響も少なそうであったため どうしても最高の条件で撮っておきたい 俯瞰ポイントがあったのです。 ところが実際は海の方には青空が見えるの…

続きを読むread more

小国川を渡る新潟色のキハ40

昨日ご覧頂いた220Dの前に撮ったキハ40系統4連の 普通列車(822Dだったかな?)です。 急行色と同じく大岩川で撮影しましたが、 こちらは小国川の河原で狙ってみました。 羽越本線(小岩川~あつみ温泉) 2020/3/8/8:32撮影 EOS-1DXMarkⅢ EF24-105 F4L IS Ⅱ 焦点距離 24mm(…

続きを読むread more

冠雪の鳥海山と急行色のキハ40

引き続き3月8日の羽越本線をご覧頂きます。 急行色が充当された220Dは大岩川を見下ろす丘で 無事に晴れカット得たワケですが、 鼠ヶ関で折り返してくる223Dも 高いところから撮影してやろうと考え 鶴岡方面へ移動を開始しました。 ところが南東方面から雲が流入し始めており 羽前水沢周辺はいつの間にか陽の当たらない エリ…

続きを読むread more

岩ヶ崎の海岸線を往くキハ47

数日前の記事で3月7日は馬下のトンネル抜きをして 撮影は〆となりました、と書きましたが、 カメラに残された写真をよく確認してみたところ、 その後も岩ヶ崎と三面川の鉄橋でも 引退まで一週間を切った国鉄型の気動車を 撮っていたようです。 やってきた列車は編成こそキハ47の赤+青でしたが、 夕方になっても天気も良く陽の当たるカッ…

続きを読むread more

快晴の大岩川の集落を往く、急行色のキハ40を撮る!

引き続き3月8日の羽越本線を。 運良く晴れの写真となった急行色が充当された 早朝の221Dの後も庄内エリアは青空が 広がり続けたため、 いよいよ主戦場である海沿いの区間へ。 続く220Dは並走する国道7号を走る車が 写り込みやすいことから好き嫌いの分かれる 大岩川集落の俯瞰をチョイスしてみました。 何故か羽越本線に通…

続きを読むread more

早春の庄内平野を往く、急行色のキハ40を撮る!

今回も3月上旬の羽越本線をご覧いただきます。 7日は急行色の827Dとその後にやってきた 青髭カラーをトンネル抜きしたところで 早々と撮影は終了し、 鶴岡で酒盛りとなりました。 そして翌日は朝の天気も芳しくなさそうなので 寝坊をするつもりでしたが、 念のため221Dに間に合うように起きてみると 頭上には青空チラホラ。…

続きを読むread more

白Hゴムのキハ47(馬下のトンネル抜き編)

3月7日の主な被写体は急行色のキハ47・48でしたが、 マニアの間では人気の車両も本命の合間に 撮影しておりました。 今回ご覧頂くキハ47も地域色ではありますが、 珍しい窓枠が白Hゴム装備車ということで レンズを向けてみました。 こちらも無事に晴れカットをゲット。 良い記録を残すことが出来ました。 青ひげカラーは人気…

続きを読むread more

快晴の日本海と、羽越本線を往く急行色のキハ40を撮る!

このところ夜の暗い写真ばかりアップしていたので そろそろ明るい写真をご覧頂きたいと思います。 3月7~8日はいよいよ引退まで一週間を切った キハ40とのお別れをすべく、 急行色のキハ47&キハ48コンビが行ったり来たりする 羽越本線へ出掛けておりました。 初日の土曜日は午前中が晴れる予報であったので、 一発目となる82…

続きを読むread more

今日は羽越本線でチキ工臨を撮影していました。

本日は仕事を休んで秋田方面へ撮影に 出かけておりました。 天気が安定せず振り回されましたが、 一定の結果を残すことが出来ました。 詳しくは後日アップさせて頂くこととして とりあえず象潟駅でのカットを。 2020年3月24日撮影 羽越本線 象潟駅にて 【最大1000円OFF■…

続きを読むread more

QRコード